JAPANESE  |  ENGLISH

MENU

理事長挨拶

日本角膜学会理事長就任にあたって


理事長 堀 裕一(東邦大学)

日本角膜学会は約40年の歴史をもち、学会員数も1,200名を超える学会です。日常診療において角結膜が関わる眼疾患は患者数も多く、ドライアイやアレルギー、感染症、角膜形状異常(円錐角膜)、コンタクトレンズなど多岐にわたります。また、角膜疾患における究極の治療が角膜移植になります。

角膜移植は臓器移植として長い歴史をもち、多くの患者さんを失明から救ってきました。最近ではiPS細胞からの角膜上皮シート移植や、角膜内皮の細胞注入療法など、日本の角膜研究者が世界に向けて新しい治療法を次々と発信しております。わが国の角膜研究は世界のトップクラスであり、その成果は世界中から注目されております。

この度、日本角膜学会理事長を拝命いたしました。角膜が恒常的に透明性を維持するためには角膜細胞が健康であるだけでなく、周囲の組織(結膜・涙液・眼瞼など)との緻密なバランスが非常に重要です。日本角膜学会も、自分たちの発展だけでなく、周囲の関連学会と連携を密にして、視覚に関わる全ての領域の方々と共に発展していきたいと思います。日本の角膜分野の研究や診療がさらに発展し、国民の皆様に素晴らしい医療を届けることができるように精進してまいる所存です。私自身まだまだ若輩者ではありますが、若さを活かして全力投球していきます。学会員の皆様、国民の皆様、どうぞよろしくお願いいたします。

この2年間で、次の二つのプロジェクトを実現したいと思います。

  1. 我が国における大規模角膜移植研究(レジストリ研究)

    日本の角膜移植のレベルは非常に高いですが、さらなる発展のためにはデータに基づいた新しい研究が必要になります。近年、症例登録によるビッグデータを用いたレジストリ研究が注目されています。今後、日本角膜学会が主体となって全国規模の角膜移植症例登録システムを構築いたします。レジストリ研究により、新しい術式や治療の評価が可能になり次世代へつながる新しい治療法の発展に結びつくと確信しております。

    実現のためには角膜移植に関連する日本角膜移植学会、日本アイバンク協会、日本組織移植学会、全国のアイバンク・羊膜バンクと協力して、オールジャパンで取り組んでいかなければなりません。皆様のご支援をどうぞよろしくお願いいたします。

  2. 学会の国際化、特にアジア諸国との交流

    近年、特にアジアの角膜研究はレベルが高くなり、アジア各国の角膜学会はどこも大盛況です。今後は海外、特にアジアの先生方を積極的に日本の学会にお招きし、英語でのディスカッションを進めて日本のプレゼンスをさらに高めていきたいと思います。

    2020年にはアジア角膜学会(ACS2020)が大阪で開催されます(2020年12月2日~4日、西田幸二学会長)。日本角膜学会はこのASC2020を全面的に応援し、特に若い日本の角膜研究者が積極的に世界に出て活躍できるようにサポートしたいと思います。

皆様、ご指導ご鞭撻のほど、どうぞよろしくお願いいたします。

PAGETOP
Copyright © 日本角膜学会 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.